HOME >> 製品情報 >> 足踏みシーラー >> Fiシリーズ

Fiシリーズ

足踏み式シーラー

軽い足踏み操作で強力なシーリング。

Fi-300の使用イメージ

Fi-300使用イメージの写真

■ Fi-200:こちらからFi-200-10WKの使用イメージ画像をご覧いただけます

■ Fi-600:こちらからFi-600-5の使用イメージ画像をご覧いただけます

Fi-300使用イメージの写真_側面より

製品ラインアップ

Fi-300

Fi-300の写真

Fi-200-10WK

Fi-200-10WKの写真

Fi-600-2: 特殊テーブル取付例

Fi-600-2:特殊テーブル取付例の写真

アイコンの解説:

600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル扱いとなります。

掲載カタログ=No.0006
:足踏みシーラー総合カタログ

主な特徴

用途・特長:足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1000~3000袋
袋サイズ(最大):20、30、60cm
最新タイプ:片側加熱式=Gタイプ、上下加熱式;5mm幅=Fタイプ、上下加熱式;10mm幅=Gタイプ、300型溶断=Gタイプ、600型溶断=Hタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)

片側加熱タイプ

PE : 0.4mm、

PP : 0.3mm、

NY : 0.3mm、

PVA : 0.3mm、

その他ラミネート : 0.4mm

上下加熱タイプ

PE : 0.6mm、

PP : 0.4mm、

NY : 0.4mm、

PVA : 0.4mm、

その他ラミネート : 0.5mm


Fiシリーズの概要

Fiシリーズは比較的安価で多彩なバリエーションを持つ足踏み式タイプのシーラーです。
食品から工業製品まで幅広い用途でご活用いただいているロングセラー製品です。
ご使用される袋に応じた加熱時間をタイマーでセットし、「ペダルを踏む」と言う簡単な操作で美しく、丈夫なシールができあがります。
テーブルやプリンターなどをご用意し、お客様の包装作業の負荷や手間を軽減いたします。


加熱・冷却時間をランプの色表示でお知らせ

タイマーのランプが加熱中は赤色に点灯、冷却中は青色に点灯してシールを美しく仕上げるために重要な"冷却時間"を目視で確認することができます。
冷却が終了すると青色表示が消灯し、シール終了の合図音がピッと鳴ります。

加熱・冷却ランプの色変化解説用の写真

 画像のランプの発光はイメージです

簡単な操作

軽い足踏み操作で美しく丈夫なシールが行えます。
タイマーで加熱時間を設定し、袋をシール部にセットします。ペダルを踏むだけでシールができあがります。
加熱時間は包材の種類・厚みなどにより異なります。

以下の使い方の解説はご購入前のご検討サポートとして、製品の操作方法を簡単に紹介しています。
ご購入後、製品をご使用になる場合は必ず「取扱説明書」をよくお読みいただきご使用ください。

1. タイマー中央のツマミを回して加熱時間設定します。

操作方法:加熱時間調整ツマミを回すの解説イラスト

2. 袋を両手で持ちシワがなくなるように両手でピンと張りながらシール部へセットします。

操作方法:シール部へ袋をセットの解説用イラスト

3. カチッとマイクロスイッチの音がするまでペダルを踏み込みます。
加熱冷却ランプが赤色に点灯し、加熱が開始されます。

操作方法:ペダルを踏み加熱冷却ランプ赤色に発光の解説用イラスト

4. 加熱工程が終了すると加熱冷却ランプが青色に点灯します。
加熱冷却ランプが青色に点灯している間、ペダルを踏み込んだままにして冷却時間をとってください。

操作方法:加熱工程終了し、加熱冷却ランプが青色に発光の解説用イラスト

5.  加熱冷却ランプの青色ペダル点灯が消えシール終了の合図音がピッと鳴ったらペダルの踏み込みを終了させ、シール作業は完了です。

もう少し詳しくご紹介「Fiシリーズ:製品操作方法

テーブル

Fiシリーズにはお客様の作業環境や製品に応じて一般的な想定で適切と思われるテーブルを標準で装備しています。
また、お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルをオプションでご用意しています。
標準装備のテーブルでは使い勝手が合わない場合はオプションテーブルのご使用をご検討ください。

多様な用途に対応

シール長さ200、300、600mmに対応。
シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプがあります。
上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
ガスバリア性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。

10mm上下加熱仕様機は組紐ヒーターを採用

Fiシリーズの「シール幅10mmの上下加熱仕様機」、製品名称の末尾が「10WK」の製品には組紐ヒーターを採用しています。

組紐ヒーターは、ニッケルクロム(NiCr)の細線を組紐状に編んで造った、大きな段差も吸収する柔軟性の高さが特徴であるヒーターです。
従来のリボンヒーターと比較して段差の大きな袋(ガゼット袋など)でもヒーターの縁の形状が丸い特性から"エッジ切れ"の無い、丈夫なシールを行うことが可能で、繰り返して使用しても傷がつきにくい構造を持ち、耐久性の高いヒーターで厚手フィルムやラミネート袋、厚手ガゼット袋のシールに対応します。

組紐ヒーター拡大写真

下写真はFA-300-10WKでの取り付け例です

組紐ヒーター取り付け例の写真

オプション

テーブル

作業環境に合わせて選択できます

お客様の作業環境や包装対象に応じて各種のテーブルを用意しています。
製品ごとに一般的な想定用途で適切と思われるテーブルを標準装備していますが、標準テーブルでは適合しない場合は、オプションのテーブルを取り付けることをご検討ください。

1. 標準テーブル:ステンレスの1枚板状のテーブルです。シールフレーム(シーラー頭部)に取り付けるタイプです。
標準テーブルの耐荷重は2kgまでです。
600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル扱いになるため「600標準テーブル」はラインナップがありません。

2. 特殊テーブル(オプション):支柱パイプに取り付けるタイプです。重量のある包装物でも支えることができます。支柱パイプの支柱部の範囲で高さ調整が可能です。大袋用シーラーであるFi-600シリーズでは特殊テーブル形状のテーブルが標準テーブル扱いになり、製品に附属しています。
特殊テーブルの耐荷重は20kgまでです。

200標準テーブル

200標準テーブルの写真

300標準テーブル

300標準テーブルの写真

300/450特殊テーブル

300/450特殊テーブルの写真

600(特殊)テーブル

600標準(特殊)テーブルの写真

プリンター取付可能(オプション)

Fiシリーズはプリンター(2列印字器:FEP-N2シリーズ)の取り付け可能がです。
FEP-N2シリーズの詳細はFEP-N2製品情報をご覧ください。
取付対応製品は下記表の通りです。

 

取付対象製品

内側

外側

 

Fi-200シリーズ

FEP-N2

取付不可

 

Fi-300 片側加熱式

FEP-N2

FEP-OS-N2

 

Fi-300 上下加熱式

FEP-N2

取付不可

 

Fi-600 片側加熱式

FEP-N2

FEP-OS-N2

 

Fi-600 上下加熱式

FEP-N2

取付不可

Fi-300:プリンターFEP-N2(オプション)取付例

Fi-300にプリンターFEP-N2(オプション)取付した状態の写真

■ Fi-200:こちらからプリンターFEP-N2(オプション)取付を取りつけたFi-200-10WKの画像をご覧いただけます

■ Fi-600:こちらからプリンターFEP-N2(オプション)取付を取りつけたFi-600-5の画像をご覧いただけます

Fi-300:プリンターFEP-OS-N2(オプション)取付例

FI-300にプリンターFEP-OS-N2(オプション)取付した状態の写真

Fi-300プリンターFEP-N2取り付け例

Fi-300にプリンターFEP-N2(オプション)取付した状態のシーラー頭部の写真

Fi-300プリンターFEP-OS-N2取り付け例

Fi-300にプリンターFEP-OS-N2(オプション)取付した状態のシーラー頭部の写真

圧着保持器PK-101(オプション)

Fiシリーズにはシールの仕上がり精度の均一化を図り、ペダルを踏む作業の疲労解消、作業負荷の軽減に効果を発揮する圧着保持器PK-101(オプション)を取り付けすることができます。
PK-101は、足踏み式シーラーのタイマーでセットできない、「冷却時間(=圧着保持時間)」と「フィルムへの加圧力」が設定できます。
「冷却時間(=圧着保持時間)」と「フィルムへの加圧力」の適切な設定はインパルスシーラーのシール仕上がりを大きく左右します。
PK-101はソレノイドの働きでペダルを踏み込めば自動的に圧着保持を行い、シール終了後、圧着レバーが初期状態に戻ります。使用される包材(フォルム)の材質に応じて加圧力と保持(冷却)時間を調整できます。

写真はFi-300への取り付け例です。

Fi-300にPK-101を取り付けた状態の写真

写真はFi-300への取り付け例です

Fi-300にPK-101を取り付けた状態のシーラー頭部の写真

シーラー頭部下;上部がオレンジ色の円筒形状のものがPK-101です。
写真の向かって右側;箱状のものがPK-101の制御部です。

安全対策

過熱防止対策の電源スイッチ

ヒーター過熱が万一発生した場合(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)、自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。

HOME >> 製品情報 >> 足踏みシーラー >> Fiシリーズ